父親の子育ての立場:子育て|乳児期の子育て、幼児期の子育て、学童の子育て



スポンサードリンク

父親の子育ての立場

あなたの旦那さんは、子育てにきちんと関わっていますか。
結構子育ては母親だけに、任せている家庭が多いと思います。
絶対に、子育ては、父親、母親の共同作業でなければなりません。

母親は毎日毎日、体調が悪くても、どんなに疲れていても、家事と子育てから離れることはできません。
お父さんは今よりも、もう少しだけでも家庭に目を向けて、一緒に子育てに関わってみてはどうでしょうか。

父親の子育ての役割はたくさんあります。

まずは、お母さんの子育ての悩みを、聴いてあげることです。それこそ聴いてあげるだけでもいいのです。

それによって、お母さんが、子育てでいろいろな悩みを抱えていることに気づいてあげてください。
お母さんにとっては、お父さんに悩みを聴いてもらうだけで、すっきりとした気分になれるでしょう。
そうすると、次の日からも頑張って子育てしようという意思が湧いてきます。

また、普段から、お母さんに子育てのしんどさを労ってあげてください。

父親は仕事から帰ってくると、「お疲れ様」「ごくろうさん」とか声をかけられることがあると思います。

それに比べて、母親は、家事や子育てが当たり前だと思われてしまって、そんな言葉をかけてもらうことは殆ど無いと思います。

父親から一言だけでも、声をかけてもらえるだけで、子育ての疲れも吹っ飛んでしまうでしょう。

お母さんの努力を本当に理解してあげることは大事です。

父親の子育ての役割として、子供と遊ぶ機会を持つことも大切です。
子供が成長してくるにつれて、体を使った遊びに興味をもち始めます。

そうなると、母親が相手をするのは大変です。父親が変わって相手をしてあげます。きっと子供は大喜びするはずです。

母親は、1日中子供の相手をしてクタクタになっています。
寝不足になることも度々です。母親の寝不足に「どうせ昼寝すればいいだろ」なんて、言ったことはありませんか?
そんな父親は、休みの日に「一日お母さんの代わり」をやってみるといいです。
そうすれば、母親の子育ての大変さが分かるはずです。

そのほかにも、子供と料理を作ったり、お風呂に入ったりと、簡単に父親にできる子育ては、たくさんあります。
1つずつやってみることで、家庭の中に、何らか変化が現れるでしょう。

a_btn099.gif
posted by white33 at 11:07 | 子育ての毎日
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。