子育て・赤ちゃんの頭の怪我の対応:子育て|乳児期の子育て、幼児期の子育て、学童の子育て



スポンサードリンク

子育て・赤ちゃんの頭の怪我の対応

子育てで、赤ちゃんが頭に怪我をしたとき、私たちは吃驚して慌ててしまいます。

子育てで大事なことで、出血量が多くても慌てずに処置をします。

頭やおでこの怪我は、特に、出血量が多く、傷がそれほど深くなくても、出血はします。

まず、清潔なタオルなどで血が止まるまで、しっかり傷口をおさえてください。

かすり傷よりも大きい怪我の場合は、必ず外科へ行くようにしてください。

汚れたガラス片や、さびた金属などで切った場合はすぐに病院に連れて行き、消毒し、治療してもらいます。ます。

出血が多く血が止まらない時や 傷口が深く大きい場合、傷口に異物が入り取れない時、治りが悪く膿んできている時はすぐに病院に連れて行き、受診するようにしてください。

他の部位の怪我ですが、唇や口の中の怪我は、汚れを取り除いてから止血をしてください。

唇からの出血は、ガーゼなどで唇をつまむようにして止血します。

舌からの出血は、舌をガーゼで左右から圧迫してください。

口の中や歯ぐきの怪我は、清浄綿やぬらしたガーゼで、口の中を綺麗にし、うがいができる年齢であれば、うがいをさせます。

その後、出血している部分をガーゼやタオルなどでしっかりおさえ、歯科か口腔外科へ連れて行ってください。

赤ちゃんや子どもの事故は、顔面をぶつけた時に歯や口のけがをすることが多く、衝撃で歯がグラグラになったりします。

すぐに歯科医院へ連れて行き、受診してください。


赤ちゃんが頭に怪我をし、出血したら、大人の誰もが動揺してしまうと思います。

子育てとは、慌てずに対処し、傷が深いときは、救急車を呼ぶ落ち着きが必要です。
勿論、怪我をさせないように、周りがきちんと赤ちゃんを見守ってあげるのが1番の安全策で子育てです。
a_btn099.gif
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。