子育て・子供がコップを使い出す時:子育て|乳児期の子育て、幼児期の子育て、学童の子育て



スポンサードリンク

子育て・子供がコップを使い出す時

哺乳瓶からストローを使ったり、飲み物をコップで飲ませる時、うまくいかないことが多いですよね。
子育てとしては、哺乳瓶・マグ・ストロー・コップの順で夫々使うものの練習をさせていってください。
マグやストローは、吸って飲むので、子供も飲みやすいのですが、コップについては吸って飲んでくれないのでなかなかうまく飲ますことが出来ません。

コップを使い始めた頃は、みんなうまく飲むことが出来ないので、やはり飲み物を床にこぼして、汚してしまったりします。

コップで飲ませるのは、子供のコップを使う練習しかないようです。

周りが汚れるので、コップを使い始めたばかりの時は風呂に入っているときに、コップで飲む練習をするといいでしょう。
風呂場で練習をすれば、こぼしても掃除する手間もかからないのでお母さんも気持ち的に子育てに余裕できます。

また、お母さんがコップで飲ませてあげるときはコップのふちを子供の下の前歯より奥に入れないようにします。
そして、コップを傾けて飲み物が子供の上唇に少し触れる感じで飲ませます。
子供は、上唇に飲み物などの液体が触れると自然に上唇を開閉して口に入る量を調節します。

子供の顔が上を向いてたり、コップのふちが奥に入りすぎているとうまく飲めませんのでよく見てあげてください。

そして、1人でコップを持たせて飲ませるときは、飲み物を1センチくらい入れるようにします。
あまり最初から入れすぎてしまうと、子供は量の感覚がまだわからないので顔に飲み物がかかってしまい、ビックリしてしまいます。

そして、子供の好きな飲み物を入れてあげて1人で飲ませると、意外とうまく飲んでくれるようになります。

大人用のコップではなくて、子供用の小さめなコップがこぼさなくて良いでしょう。

飲み物をコップで飲めるようになったら、徐々にコップを大きくして、飲み物を飲む練習をさせてあげます。それから、飲み物を入れる量も増やしていきます。

最初からうまく飲むことが出来る子供はもちろんいるわけでないので、
少しずつ練習をしていって、焦らずにコップの練習を子供にさせてあげる子育てになります。

子供が成長していくにつれ、自分でコップを持って飲みたがるようになるので、それを待って、それから1人で持たせても良いのではと思います。
子供の成長を見守る子育てになります。

a_btn099.gif
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。