子育て・乳幼児突然死症候群:子育て|乳児期の子育て、幼児期の子育て、学童の子育て



スポンサードリンク

子育て・乳幼児突然死症候群

乳幼児突然死症候群(またの名はSIDS)というのは、寝ている赤ちゃんがいきなり死亡してしまうものです。
この病気は、生後4ヶ月〜5ヶ月くらいの赤ちゃんに多く見られます。
子育てをしているお母さんなら、誰でも一度は耳にしたことがあるはずです。
乳幼児突然死症候群になってしまう原因は、脳における呼吸循環調節機能不全が考えられています。

しかし、確実な原因は未だ不明のままなのです。

乳幼児突然死症候群を予防するためには、うつ伏せで寝かせないことです。うつぶせ寝は「頭の形がよくなる」と言われてますが、親が積極的にさせるのは避けたほうがよいようです。

乳幼児突然死症候群(SIDS)の死亡例を見てみますと、うつぶせ寝にしていた赤ちゃんのほうが多かったという数字が出ているようです。

仰向けで寝かせるよりも、うつ伏せ寝をする方が赤ちゃんは深い眠りに入ってしまいます。

また、両親の喫煙でも乳幼児突然死症候群になりやすいと言われています。
妊娠期間中・子育て中は吸わないことが大事です。

出産してから吸う場合は、外に出て吸うか子供のいないところで喫煙するかしなければならないでしょう。

また、母乳をあげて育てるのと粉ミルクで育てるの違いにも突然死の原因があるようです。

母乳は、赤ちゃんにとって1番栄養があるので、ずっと粉ミルクで育てるよりも、やはり母乳育児の方が良いようです。

母乳には、乳幼児突然死症候群を抑える効果があるようです。

母乳が出るお母さんで、粉ミルクで育てようと思わないことです。
母乳が出るなら、母乳育児をした方が良いですね。

万が一、子供が呼吸をしていないことに気づいたら、すぐに背中を叩いて刺激し救急車を呼び医師の診断をうけてください。

乳幼児突然死症候群のほかの予防例です。

@1歳以下の子供には、枕を使用するのを避けます。

A子供が寝ているすぐ傍にフワフワした毛布や、タオルなどは絶対に置かないことです。
子供がタオルなどを顔の上にのせてしまったらとても危険です。

Bあまり部屋を暖めすぎたり、着せすぎたりするのも、乳幼児突然死症候群の原因になるとも考えられています。

両親が日々よく赤ちゃんを注意しながら見守って、子育てをしていってください。
1歳以下の死亡例は全て親の不注意、子育ての失敗ですから。
a_btn099.gif
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。