父親の子育て:子育て|乳児期の子育て、幼児期の子育て、学童の子育て



スポンサードリンク

父親の子育て

今の時代、核家族も一因でしょうか。子育てに積極的に協力をしている父親が多いように見受けます。

昔は、「子育ては女の仕事!」といって子育てを母親に預けっぱなしの父親が多かったです。

やはり、戦後から現在までの時代の変わりようを感じさせられます。

しかし、今の父親も果たしてどのように子供と接すれば良いのか、わかってない父親が多いようですね。

父親も子供が小さいときから、少しでも接していないと子供は父親に懐きません。

平日は、仕事をしていて朝早く、夜遅い父親が大半です。
そんな父親も仕事をしていて疲れているからといって、子供とまったく接していないのは子育てにとってよくありません。
母親に任せっきりでは、母親も子育てに疲れて鬱になってしまう可能性もあります。
父親としての子育ては、たとえ仕事で疲れていても10分〜30分だけでも良いので子供と接する時間を作ってあげてください。

そうは言っても、いきなり父親と二人で子供を遊ばせようとしても、普段父親が、子供とまったく接してなければ子供は泣いてしまいます。

父親も子供に泣かれてしまうと困ってしまい、子供と接するのに距離をおいてしまうでしょう。

そこで、どのように父親に子育てをさせるかということになります。

まずは、母親が子供を抱きながら、父親に近づいて母親も一緒にオモチャで遊んであげましょう。

まったく子育てに関わっていない父親でも、ママが傍にいてくれれば子供は泣きません。

また、父親には「ちょっと手が離せないからミルクあげてくれない?」という感じで子供に触れさせる機会を作ってあげるのも良い方法です。

少しずつ父親に子育てを協力してもらい、子供と接する機会を増やせば父親に対して子供も笑顔を向けてくれるようになります。

子供が笑ってくれた瞬間というのは、誰でも嬉しくなります。
きっと父親も、子供が笑ってくれると凄く嬉しいはずです。
子供と接する機会もどんどん増えるでしょう。

子供は、小さい時はママ命といっても良いくらいママっ子です。

しかし、自転車に乗り始めたりするほどに、子度が成長してくれば、父親の出番です。自然と父親も子供と遊んでくれるようになります。

まずは、小さなことから父親に子育てを協力してもらうようにすると良いですね。

a_btn099.gif
posted by white33 at 09:18 | 子育ての毎日
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。