子育て・赤ちゃんに薬の飲ませ方:子育て|乳児期の子育て、幼児期の子育て、学童の子育て



スポンサードリンク

子育て・赤ちゃんに薬の飲ませ方

子供は、薬を飲むのを嫌がってなかなか飲んでくれなくて、子育て中のお母さんも困っています。

市販で、薬を飲ませる赤ちゃん用のスポイトなどが売っているのをよく見かけます。

シロップなどの液状薬の飲ませ方としては、小さなスポイトやスプーンを使うと飲ませ易いでしょう。

また、哺乳瓶の乳首をくわえさせて、その中へシロップを垂らして飲ませるという方法もあります。
そうすれば、子供も嫌がることはなく、子育ても少しは楽になることでしょう。

粉薬や、ドライシロップなどは、一口で飲みきれるくらいの少量の湯冷ましで溶かして飲ませてあげても良いですね。
口の内側に薬を塗って、タオルに水を含ませて飲ませる方法もあります。

坐薬の場合は、先端にごく少量の水をつけ、ティッシュをあてて肛門の奥まで入れてあげてください。
入れたら、しばらく抑えてあげてあげましょう。

子育てで薬の種類について知っておきたいこと。

まず抗生物質とは、細菌をやっつける薬です。
「細菌をやっつける」=「良い菌もやっつける」ことになって、
その為、腸内の良い菌もやっつけてしまいます。
下痢を起こしたりする症状が出る、抗生物質の副作用があります。ですから、乳幼児にはあまり向かない薬だと思っても良いでしょう。

解熱鎮痛剤というのは、熱が38度5分以上ある時に熱を下げるための薬です。
頭痛や歯痛にも効果はありますが、たいていは熱を下げる時に使われます。
副作用としては、安易に使用してしまうと、かえって熱が長引いてしまう場合もあります。
本来熱は、風邪のウィルスと戦っていますので医師との相談の上での使用でなければいけません。
子育ては落ち着いた対応が必要です。
a_btn099.gif
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。