子育て・心配な赤ちゃんの炎症:子育て|乳児期の子育て、幼児期の子育て、学童の子育て



スポンサードリンク

子育て・心配な赤ちゃんの炎症

子育てでの心配な赤ちゃんの炎症についてです。

■急性中耳炎

症状は、軽い熱を伴った風邪の後に耳の痛みがあり、耳だれの症状があります。

かかりやすい年齢は6カ月〜3才ぐらいまでで、冬に急性中耳炎になりやすいと言われています。

急性中耳炎の原因は、細菌が、のどから耳管を通って炎症を起こして、それが 急性中耳炎になるとして考えられます。
赤ちゃんの耳管は、太くて短く、水平なので細菌が入りやすい状態にあります。
母親が赤ちゃんに耳だれが出ているのを見て、病気に気づくことも少なくありません。
子育ては赤ちゃんの症状から目を離せません。

急性中耳炎の予防や悪化をさせないためには、あまり熱がなくても、鼻水がひどい症状のときは耳鼻科へ連れて行って受診してください。
また熱が下がらない、耳だれ、耳に手をやって泣くときも医師の診断を受けてください。


■尿路感染症

症状は、突然高熱になり、嘔吐や下痢の症状が見られます。

かかりやすい年齢は、女の子は新生児の赤ちゃんの時、男の子は1才以降です。

かかりやすい季節はなく、1年を通してかかるので注意が必要です。

原因として考えられることは、尿路(おしっこの通り道)に細菌が侵入し炎症を起こしていることなどによります

赤ちゃんの尿が停滞したり、尿が逆流したりすることを繰り返していると、細菌が侵入して繁殖しやすくなります。

赤ちゃんの排尿の回数が増えたり、排尿のときに痛がるなどの場合は、尿路感染症の疑いが強いでしょう。

尿路感染症は、せきや鼻水のように、現象が現れないので、38度以上の高熱が出て母親が初めて気づくことがほとんどです。

予防や悪化させないためのケアは、大腸菌などの感染を防ぐ為、陰部の清潔を普段から心がける子育てが必要です。

再発の可能性があるので注意しなければいけません。


■ヘルパンギーナ

症状は、突然の高熱。のどに水疱ができるなどの症状がでます。

かかりやすい年齢は1〜3才で、季節は夏にかかりやすくなります。

原因は夏かぜの一種ですが、冬にも見られることがあります。
ヘルパンギーナは感染力が強く、突然高熱から始まり、喉の奥に水疱ができます。
喉の奥に水疱が痛みを伴い、赤ちゃんの食欲が落ちることもあります。
症状は1週間ほどで治ります。

予防や悪化させないためのケアとして、 おむつ替えのときにはきっちりと手洗いをすることが大事です。

細菌が手について、他の子供に感染することもあります。子育てで一番避けなければいけないことです。



■突発性発疹

症状はお腹を中心に発疹がでます。生後初めての発熱後に見られます。

かかりやすい年齢は4カ月以降で、ウイルスが原因です。
突発性発疹は2回以上かかることもあり、高熱が続いて、熱が下がると同時に赤い小さな発疹が現れます。
発疹の跡は残りません。2〜3日で自然に消えるでしょう。

初めての発熱は、必ず受診してください。心配なことについては医師になんでも質問して聞くようにしてください。
子育ての学習です。
a_btn099.gif

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。