子育て|子供がひきつけを起こした時:子育て|乳児期の子育て、幼児期の子育て、学童の子育て



スポンサードリンク

子育て|子供がひきつけを起こした時

子育てをしていて、赤ちゃんが突然のけいれんやひきつけを起こした時には、不安な思いがします。

でも、母親はそんな時こそ、慌てずに赤ちゃんの様子を見守ることが大切です。子育ての対応です・

対処は赤ちゃんの顔を横に向けて寝かせ、吐いたものが気道をふさがないようにします。
そのときは、刺激を与えないようにやさしくそっと赤ちゃんの体勢を変えてあげます。

■赤ちゃんが吐きそうな時の対処

赤ちゃんに吐き気がある時は、顔を横に向けて吐いたものが喉につまらないように寝かせます。

首の後ろにタオルを入れて、顔を横に向けたり、服のえりもとを緩めたりして、お母さんはすばやく赤ちゃんが喉を詰まらせないよう気道を確保します。

この時、体を揺さぶったりして赤ちゃんに刺激を与えないように気をつけます。

赤ちゃんが吐いたときは汚れたものを綺麗にし、次の吐き気を誘ってしまわないようにふき取ってあげることが大切です。

けいれんが治まって、吐き気がある程度治まって、落ち着いたら、医師に受診する手はずを取って下さい。


■けいれんが始まった時の対処

熱によるひきつけは、大体5分以内に治まるものなので、慌てずに対処してください。

ほとんどが熱性けいれんなので心配はないでしょう。

熱性けいれんであれば、けいれんの時間を計ります。病院での受診のときに参考になります。

また、けいれんが左右対称であるかも観察してください。

治まったときにまひや、意識障害がないかも冷静に見てください。

大声で赤ちゃんの名前を呼ぶなどして慌てないでください。

刺激を与えないように、体を揺さぶったりしないように気をつけてください。

けいれんが治まり、赤ちゃんが落ち着いたら病院でで受診してください。

夜間なら救急車を呼んで早く病院で診てもらいます。

症状が深刻なときは後遺症の危険性も高くなるので、急がなければなりません。

もし赤ちゃんが意識を失っていてもそのまま連れて行きます。

病院についたら発熱や嘔吐、けいれんの様子などを伝えます。


急なひきつけは、親にとっても吃驚で、慌てますが、大声をかけたり、体を揺すったりしてはだめです。
落ち着いて行動するようにしてください。
体を揺すったり刺激を与えることは、けいれんを長引かせることもあります。

けいれんしている最中には病院に連れて行くのも、避けます。
赤ちゃんを安静にさせてけいれんが治まるのを待ちます。
母親もこの時こそ冷静になって対処しなければなりません。

舌をかまないように、ハンカチや割りばしを口にはさんだりすることもしないように気をつけてください。

子供の体調の急変に落ち着いて対処するのも子育てです。

a_btn099.gif


posted by white33 at 11:25 | 子育て|乳幼児の病気>ひきつけ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。