子育て・赤ちゃんの熱中症:子育て|乳児期の子育て、幼児期の子育て、学童の子育て



スポンサードリンク

子育て・赤ちゃんの熱中症

赤ちゃんを車の中に置き去りして熱中症で亡くなる事故が1年の内で何回報道されるでしょうか?

明らかに子育ての失格事故です。

赤ちゃんはうまく体温調節ができないので、季節に関係なく、暑さによる影響を非常に受けやすく常に気配りが大事な子育てです。

赤ちゃんは体内の水分量が多いので、脱水によるダメージを受けやすく、極端に暑さに弱いのです。

熱中症の事故を起こさないために、最も大切な大人の気配りを必要とする子育てです。


■いかなる理由があっても、赤ちゃんを車内に置きざりにするものではありません。

気温が思ったほど高くない日でも、車の屋根は熱を吸収します。

車内の温度は上がり、赤ちゃんは危険な状態になります。

車を離れるときは、たとえ短時間でも一緒に連れて行くよう心掛けてください。

■気温が上がるこれからの季節には、地面からの照り返しにも注意を払わなければならないです。

パラソルなどで日陰を作っても、砂浜などの照り返しは、赤ちゃんの体が熱にさらされて危険な状態に置かれております。

大人は暑く感じない時でも、アスファルト道路の照り返しはベビーカーの赤ちゃんを直撃しています。

考えられない程の想像以上に暑くなることもあるので絶えず赤ちゃんの周りの温度に気配りが必要です。炎天下の日の買い物に、赤ちゃんを連れ回すのは危険です。

■閉めきった室内は危険です。

赤ちゃんを閉めきった室内に残して、出かけるのも避けなければいけません。

とくに暑い季節は絶対に赤ちゃんを家に残して、締め切って出掛けるのはやめなければいけません。

赤ちゃんの子育ては赤ちゃんへの気配りです。親の都合を優先してはいけないと思います。

若し、暑いところにいた赤ちゃんの体温が上がったり、水分を受けつけなかったり、意識がもうろうとしている場合は、すぐに病院へ行くようにしてください。

熱中症の疑いはあるが、赤ちゃんの意識があるときは、まず体を冷やします。

そしてたっぷりと水分の補給をしてあげます。

涼しい木陰など風通しのよい場所に連れて行き、衣服を脱がせます。

額に冷たいぬれタオルなどを当て、取り敢えず赤ちゃんの体温を下げるように対処してください。

そしてすぐに病院に連れて行く手はずを行ってください。
迷っている時間が命取りになる場合もあります。

外的要素での赤ちゃんの容態が悪くなるのは、赤ちゃんへの気配りの子育てが出来ていないと思います。
美容整形|豊胸する!
主婦の株取引
ものぐさデイトレ必勝法
子供の習い事|早期教育

a_btn099.gif

posted by white33 at 21:16 | 子育て|乳幼児の病気>熱中症
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。