子育て|卒乳・断乳:子育て|乳児期の子育て、幼児期の子育て、学童の子育て



スポンサードリンク

子育て|卒乳・断乳

子育てで子供が母乳から離れる卒乳と断乳とは意味を違えて使われています。

卒乳というのは、子供自身から自然に母乳を飲まなくなる事を言います。断乳とは、親から子供に母乳を離れさせる事を言います。

母乳から哺乳瓶に変えてミルクをあげるのは、断乳とは言わなくて、ここのところ、断乳するお母さんが増えているようですが、無理に断乳する必要はないようです。むしろいきなり断乳してしまうと、母親の乳房が乳腺炎になり、炎症を起こ可能性があります。
そろそろ断乳と考えるのは、大部分の人が、子供が1歳前後になった頃のようです。

断乳の手順は、最初は飲ませる時間を徐々に短くしていくようです。
そして、2〜3日したら今度は飲ませる回数を減らすようです。一日のうちでも夜だけ飲ませるとか、朝だけ飲ませるとか限定していきます。

それが5日程うまく続けば、3日間与えないようにします。
子供はきっと、母乳を欲しがって、夜寝る前など大泣きするでしょうが、じっと我慢で子供に母乳を与えてはいけないのです。

たいていの子供は、3日もすると忘れてしまい、この3日間、うまく過ごせれば、子供も朝までグッスリ寝てくれるようになります。

朝までグッスリ寝てくれれば、子育てもだいぶ楽になりますね。

子供に対して予め「○日におっぱいとバイバイだよ」と言っておいたり、「乳房に絵を描いた」「絆創膏を貼った」という人もいるようで、
断乳子育ては、頭を使うことも求められるようです。

3回の食事をキチン食べれている子供は、自分から卒乳する事も多いようです。

子供にとって母乳は、精神安定剤のようなものですが、こういう風になれば楽な子育てになります。

母乳をやめさせなければならない特別な理由がなければ、子供から卒乳するのを待ってみても良いのではないでしょうか。

a_btn099.gif

posted by white33 at 09:22 | 子育て|乳幼児の発育
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。