子育てで経験する乳児の突発性発疹:子育て|乳児期の子育て、幼児期の子育て、学童の子育て



スポンサードリンク

子育てで経験する乳児の突発性発疹

子育てで生後5ヶ月〜1歳頃の時期に、突発性発疹を見ることがあります。初めてのにはきっと不安が一杯になると思います。

丁度乳児が1歳頃には、免疫がなくなっていく時期になってきていますので、ほとんどの乳児がなる初めての病気ではないでしょうか。

子育てで一番悩まされるのが、子供の病気です。

突発性発疹の症状としては、いきなりの高熱(39度以上)が出ます。
そして、突発性発疹は熱が上がったり下がったりの状態が、3〜4日くらい続きます。

熱が下がってから体に、赤く小さな発疹が出ますが、発疹は2,3日で消えてしまいます。

咳や鼻水が出るというよりは下痢をしてしまう子供もいるようです。

高熱が出てすぐさま病院に行かれて、処方される薬が解熱剤のみに訝るる母親もおられるでしょうが、突発性発疹の診断は高熱が下がり、赤く小さな発疹が出てから初めて突発性発疹と診断されます。
高熱だけでは突発性発疹との診断になりません。

発疹がなくなってきたら、突発性発疹が治ったと思っても良いですね。

大人が高熱を出した時は、熱を下げるために、汗を出そうと厚着をしたりしますが子供の場合は逆の対処が必要です。

子供の場合、高熱が出た時は衣類を着せすぎず、体を冷やしてあげなければなりません。

熱があるから厚着をさせたり、毛布でくるんだりしてしまうと、子供は熱が上がってしまいます。

高熱が出たら、脇の下や足の付け根・首回りやおでこを冷却シートなどで冷やしてあげる方が良いでしょう。

高熱が出た時、多くの子供が脱水症状を起こします。
お茶やイオン飲料、ミルクでも良いのでこまめに水分補給への気遣いが必要です。

高熱がある時の入浴は避けます。

突発性発疹は、誰でも起こることですがそれでも病気の一つです。

どうしても子供の身体を洗ってあげたい時は、清潔なタオルをぬるま湯で絞って体を拭いてあげる程度にするべきです。

入浴してしまうと、症状がさらに悪化してしまう場合もあります。

子育ては子供への気遣いが一層必要です。

a_btn099.gif
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。