夫婦共働きによる子育ての悩み:子育て|乳児期の子育て、幼児期の子育て、学童の子育て



スポンサードリンク

夫婦共働きによる子育ての悩み

松嶋菜々子 子育て奮闘ぶり


夫婦共働きの生活であれば、子供は保育園か、幼稚園などへ預けなければなりません。母親は子供と接する時間が少なくなり、大事な成長期に
おける子育ては勿論のこと、必要なスキンシップの愛情を注ぐことが少なくなってしまいます。そのことで、子育てや、子供への情に対する不安や心配が生じてくるでしょう。

が、しかし、そんな悩みを抱える方がダメなんだろうと思います。
母親の考えるところで、母親のスタンスをきめればいいのではないでしょうか?

あなたが、仕事も家事も子育ても抱えきれない・・・ということでストレスが溜まってしまうお母さんであるなら、さっぱりと仕事をせずに子育てに専念すればよいのです。

ずっと家で子供と二人っきりでいるほうがストレスになる、というお母さんは、外で働いて気分転換した方がいいんで、むしろとそのほうが気持ちがすっきりして、気持ちに余裕が持てて、もっと子供にも優しく接することができると思います。穏やかな子育てになると思います。

実際には、共働きで子供との時間が減ってしまった場合、その時間の補い方のポイントはというと・・・
まずは、食事の時間を大切にすることだと思います。
お母さん自身ができるだけご飯を作って、子供と一緒に食べるようにします。
子供にとって、母親の作った料理からは、たっぷりの愛情を受け取ることができます。
そして、食事をしているときは、保育園や学校での出来事などを、しっかり聴いてあげるのが大事です。そしてなによりも、出来事などを、子供の頭の中を整理しながら、話しが出来る子供に教育できれば、素晴らしい子育てだと思います。

忙しいお母さんは、子供が話をしようとしても、なかなかゆっくりと聞いてあげられないことがあります。
たとえ忙しくても、少しだけ手を止めるか、それをやりながらでも構わないので、できるだけしっかりと話を聴いてあげましょう。

子供が母親になんでも話しが出来る環境を大切にすれば、子育ては次のステップに入るのではないでしょうか。

少しでもいいので子供と遊んであげたり、抱きしめたりスキンシップをたくさんとって、楽しい時間をつくってあげたいものです。

【つながってるよ!ブログ】
美容整形|豊胸する!
主婦の株取引
ものぐさデイトレ必勝法
子供の習い事|早期教育

a_btn099.gif
posted by white33 at 17:51 | 子育ての毎日
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。