子育て|乳児期の子育て、幼児期の子育て、学童の子育て



スポンサードリンク

子育て・乳児の食事(1ヶ月〜18ヶ月))(5、離乳食・後期)

子育て離乳食・後期(10ヶ月〜1歳)
このころの赤ちゃんの食事における子育ては、あごと舌を上下に動かし、歯ぐきでものをつぶす練習をはじめます。
離乳食にはバナナやにんじんの煮物くらいの固さを目安にいろいろなものをあげてください。この頃の赤ちゃんは自立心が芽生えてきて、一人で食べようという意欲が現われてきます。手の動きもしっかりしてきて、なんでも手を出しては自分でやろうとしはじめます。

赤ちゃんは、毎回、食べる量が違ったり、まわりを汚すのでお母さんも子育てには大変な頃になります。でも手づかみで食べたりや遊び食べをしたりするのは赤ちゃんの成長の大切な一課程なので、自分で食べようとする意欲を大切に考えて、子育てしてあげてください。

この時期の赤ちゃんの子育てに食べ物をまる飲みさせないために気遣いが必要ます。
食べ物が固すぎたり、逆に柔らかすぎたりしてしまうと丸飲みの習慣をつけてしまいます。

咀嚼の能力はこの時期に出来てしまうので、かみつぶしやすい食材で十分練習させてあげることが大事です。

また、この時期の赤ちゃんには、手づかみ食べやコップ飲みの練習をさせてあげてください。

食べ物を手でつかんで口にもっていくことができないと、スプーンやおハシを使って食べるようになるまで、時間がかかります。今の時期、赤ちゃんの食べたい意欲を優先にして、手づかみで食べやすいメニューを加えてみてください。
コップを使う練習は、入浴の時なら濡れても構わないので、その時にコップを使う楽しさを覚えるように仕向けてください。





posted by white33 at 10:08 | 子育て|食育

子育て・乳児の食事(1ヶ月〜18ヶ月)(4、離乳食・中期)

子育て離乳食・中期(誕生7〜8ヶ月)
子育ての赤ちゃんも7〜8ヶ月ごろでは、離乳食を与えると舌を上下に動かして、上あごと舌で食べ物をつぶすように、モグモグするようになります。食べ物の固さは、豆腐ぐらいの固さで簡単に舌でつぶせる固さが目安になります。
食事回数は1日2回食を順調にこなすようにし、離乳食を規則的にあげるようします。

1回の食事量の目安として

主食(炭水化物)    全がゆで50g(お茶碗半分くらい)

主菜(タンパク質)   卵なら全卵1/2 、
            魚なら13gから15g(3さじ)

副菜(ビタミン・ミネラル)緑黄色野菜で325g(5さじ)

子育て離乳食・中期(誕生9ヶ月)

子育ての赤ちゃんも9ヶ月ころからは食ベ物をカミつぶすようにする練習をして、丸飲みを予防します。食べ物の固さは、歯ぐきでつぶせるくらいの固さが目安になります。
授乳と離乳食を徐々に切り離し、1日3回の離乳食をあげるようにします。
このころから赤ちゃんは味覚が発達してきますので、食品の種類を増やして、毎食の栄養バランスをとるとともに子育てで大事な偏食の予防にも気を配り、いろんな食べ物の味に慣れさせていくようにします。

1回の量の目安として、

主食(炭水化物)    全がゆ〜軟らかいごはんで約お茶碗1杯              (80g)

主菜(タンパク質)   卵なら全卵1/2 、
            魚や肉なら、15g〜18g(4さじ)
            魚なら13gから15g(3さじ)

副菜(ビタミン・ミネラル)緑黄色野菜で30g〜40g(6さじ)

1日2〜3回のバラエティーに富んだ離乳食をつくるのは子育ても大変です。まとめて作って、1回分づつ、小分けにして冷凍して保存したり、また、家族の食事を取り分けるなどの工夫も必要です。

赤ちゃんが食べることに集中しないときは、時間を決めて食事を切り上げてもいいでしょう。




posted by white33 at 09:31 | 子育て|食育

子育て・乳児の食事(1ヶ月〜18ヶ月)(3、離乳食前期)

離乳食前期・2回食へ(誕生6ヶ月)
このころの子育てで赤ちゃんの食事にも悩みが出てきそうですが、赤ちゃんはだんだんスープや、粥の離乳食にも慣れてくるころです。

赤ちゃんがなかなか食事を上手に食べられなくて、子育てするお母さんは心配になりますが、このころから赤ちゃんも、だんだんうまく飲み込めるようになります。

赤ちゃんが喜んで口をあけてスプーンを待つようになってくると、2回食の段階になります。
卵(卵黄を3分の2以下)や魚、肉、豆腐、野菜など少しずついろんな味を覚えるようになってきます。
つぶし粥と野菜マッシュでカボチャ、人参、里芋、ほうれん草、白菜、カリフラワー、りんごなどを日替わり献立であげるようにします。
赤ちゃんの食欲には、まだまだ、波があって、よく食べる日もあれば少ししか食べず、すぐ遊んでしまう日もあります。
離乳食の分量や好き嫌いは、個人差や天候、環境、運動量などによっても左右されます。

主食(炭水化物)     つぶし粥50g以下
主菜(タンパク質)   卵黄1 豆腐30g 魚10g 乳製品50g
             以下で適量
副菜(ビタミン・ミネラル)野菜・果物 15〜20g

【つづく】


posted by white33 at 09:55 | 子育て|食育
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。